FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにマイボートをイジッてみる

20181105.jpg

久しく、ボートの艤装からは遠ざかっていたのですが、マリーナを移ったのを機に、またチョコチョコとイジりたくなってきたところがありまして。

以前もお世話になっていた、ベイエリアのマリーナに移ったのですが、港を出るとそこはシーバスのポイントだらけ。
ウチの子供がルアーフィッシングをやりたいと訴えてくるのですが、それならばエンジンでは出来ない細かな操船が出来るエレキモーターが欲しい。

このボートを買った頃は、船首にミンコタのオートパイロットを取り付けていたのだけど、一時ルアーフィッシングから遠ざかったため、ヤフオクで手放したのです。

オートパイロットほど大きくなくて、スターン側で操作できる、そこそこハイパワーなエレキってないんかと調べてみるとありました。「ハイガー産業」という会社が作っている、海水もOKの55lbのエレキモーターです。楽天市場の直営サイトで29,800円で売っていました。

201811052.jpg

ハイガー産業は主に農機具などを作っているメーカーのようです。製品のレビューを見てみても中々評判が宜しいらしい。確かに丁寧な作りで、キチンとした取扱説明書も付いているし、何より日本のメーカー製なので安心。

エレキ本体はクランプで固定する方式なので、試しにトランサムに取り付けてみました。エンジンを直進状態にしていれば、スクリューが当たる心配はなさそう。ウチのボートはツインバッテリーで、サブバッテリーを電源にして使います。試しにコードを繋ぐとちゃんと動きました。

ちなみに以前使っていたオートパイロットも55lb仕様で、微速ながら十分にボートを動かせるパワーがありました。とはいえ、バスボートのようにエレキ主体でポイントをラン&ガンするような使い方ではなく、もっぱら船尾を潮上に向けてボートを静止させたり、潮に乗せてゆっくりとポイントを流したりするのが主な使用目的です。もしエンジンが故障した場合の、非常用の補機代わりにもなります。
色々と課題も見つかったので、次は海上で試運転をしながら、ぼちぼち使えるようにしていこう。

201811053.jpg

他にやってみたのが、デッキに木目のノンスリップマットを貼ること。前と後ろに分けて貼ってますが、前がイケスの蓋で、後ろは燃料タンクの蓋です。

このノンスリップマットはボート用ではありませんが、サンゲツというメーカー製で、屋外耐候仕様のかなり分厚くて丈夫なもの。試しに別の個所にも使用していましたが、あまり劣化もみられないので、船齢15年でかなり汚れやキズだらけになってきたデッキにも貼ってリフレッシュさせてみようかと。

ノンスリップマットというだけあって、水に塗れても滑りにくいです。お値段もリーズナブル。

201811054.jpg

かなり汚くなっていたガンネルにも貼ってみました。まぁ、チーク風な自己満足ですね。

と、日がな一日、マイボートをイジって過ごしていた秋晴れの日曜日でしたが、この日、続々と釣りから戻ってきたボートの方々は、巨大なブリやアオリイカを釣っておられました。

本格的な冬になる前にワタシも釣りにいかねばなぁ・・。
アクセスカウンター
プロフィール

川西ケンゴ

Author:川西ケンゴ
フィッシング・アパレルブランド、オーシャンファクトリーの代表です。デザイン、商品製作、WEB製作、モデルまで(笑)、一人で何でもこなすマルチプレイヤー。釣りとファッションと音楽は人生を豊かにしてくれます。

最新記事
オーシャンファクトリー公式サイト
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
98位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。