FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1坪ログハウスを作る 最終回

201602101.jpg

1坪ログハウス製作の続きです。いよいよ全体の塗装を開始。
屋根や扉、窓枠といった部分はマットホワイトで先に塗装し、続いて外壁を塗っていきます。

購入したのはアサヒペンの水性ペンキで、「水色」として販売されているカラーでしたが、少々鮮やか過ぎるため、グレーとホワイトを少し混ぜて落ち着いた色にしました。

201602102.jpg

階段部分もブラウンに塗って完成。小さいハウスなので、使用したペンキもミニマムで済みました。

これで建物の外観はほぼ完成です。一応、外国のボートハウスを意識したカラーリングにしてみました。

201602106.jpg

中はどうなっているかといえば・・こんな感じ。海辺のボートハウスっぽく、流木や、元々自宅にあった雑貨類で飾り付けてみました。

1坪サイズなので室内の広さは本当にミニマム。大人なら2人入るだけで圧迫感を感じます。子供でも3人が限界かと・・。まぁ、しょうがないです。1坪ですから。

201602108.jpg

屋根の半分をポリカ中空板にしたのが効いていて、窓際はお日様の光がよく入り、昼間は非常に明るいです。

窓枠と飾り棚は流木をパズルのように組み合わせて製作。外の光といい感じにマッチしました。所々に配したグリーンも丁度いいかと。流木はあまり使いすぎると、インパクトが強くなりすぎるので、ポイントとして使う程度に留めました。

201602103.jpg

ハウスの背後にあるコンクリート壁が、どうにも小屋の雰囲気に合わないため、目隠しも兼ねたフェンスを作りました。材料代は1,000円程度。

201602104.jpg

そして、小屋の出入り口前に敷いている防草シートを、海岸で拾った流木で囲んで箱庭作り。

201602165.jpg

砂利を入れれば猫の額の庭の完成です。これはちょっとしたガーデニング雑貨等を置くための、小屋のオマケ的スペースですね。

本来の目的である、薪ストーブを置いてみました。そもそも、これを囲んで家族や友達と楽しむための、アウトドアな場所作りをしたかったんですね。それなりの雰囲気は出来たかな。

201602171.jpg

煙突が付いてますが、薪ストーブを収納する際は取り外し、ハウスの壁に差し込んでダミー煙突になるようにしました。

3万円台で完成を目指した1坪ログハウスですが、結局かかった費用はトータルで44,141円。かかった期間は約1カ月でした。残念ながら4千円超の予算オーバーになりましたが、それなりに雰囲気のあるハウスが出来たし、家族にも好評でした。

ワタシ自身も大変楽しみながら作ることが出来ました。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー!(≧▽≦)
完成までの記事を楽しみに読ませてもらっていましたが、とんでもなくすごい完成度ですねΣ(゜Д゜;)
天上も陽がはいりあかるいっすね~
日曜大工でこんなことができてしまうなんて・・・
うちもベランダに作ってみようかな(笑)

No title

うみパパさん

暖かくなったら、この小屋の前でバーベキューなど、色々とやろうと思ってます。またビールでも飲みに来てください。
アクセスカウンター
プロフィール

川西ケンゴ

Author:川西ケンゴ
フィッシング・アパレルブランド、オーシャンファクトリーの代表です。デザイン、商品製作、WEB製作、モデルまで(笑)、一人で何でもこなすマルチプレイヤー。釣りとファッションと音楽は人生を豊かにしてくれます。

最新記事
オーシャンファクトリー公式サイト
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
95位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。