FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒天の海で、タチウオ&アオリイカ狙い。

201110191

昨日はTさんをゲストに、タチウオ&アオリイカ狙いで出てみました。

大阪湾のタチウオは例年夏頃から釣れ出すのですが、今年は異常に遅れていて、最近になってやっとまとまった数が釣れるようになってきたとのこと。ワタクシ達にはただのレジャーの話でしかありませんが、タチウオが一年中で最も大事な稼ぎ頭である遊漁船の船宿さん方には待望だったことでしょうね。

で、昨日は張り切って早朝から出港してみましたが、海はこんな感じ。天気図を見る限りでは高気圧の圏内だし、予報では大阪湾は風無し・・の予定だったんだけど、とにかく風が強くてうねりが高い。

予定では淡路沖まで走るつもりだったけど、近場の小島沖で釣りを開始しました。

201110192

しかもタチウオの活性がとにかく低い。
アタリがあっても、"ん? 今何か仕掛けが少し軽くなった?"とか、"モゾモゾ・・"的な非常にわかりにくいモノ。

本来、このような繊細なアタリをするのは大型が多いイメージがあるのですが、アワセが上手くいっても釣れてきたのはベルトサイズ・・なんて状況で、とにかく難しい。

それでも何とか今年初のタチウオの顔は拝むことができました。

201110193

風はそれほど吹いてる気がしないんだけど、とにかく海況はどんどん悪くなってくる一方です。

ウチのボートはスパンカーがなく、基本、艫流しをするので、こういう状況だとモーターウェル付近にはジャンジャン海水が入り込んできます。それが次第にデッキにも海水が打ち込んでくるようになってきました。

これはさすがにこれ以上釣りを続けるのは危険だと判断しまして、とりあえず一旦港に撤収。帰路も相当に波が高いせいでゆっくりしか走れず、帰り着くまでに結構な時間がかかりました。

201110194

マリーナに着いたのがAM10時頃。まだ時間が早いし、少し待てば波が落ち着くかもしれないので、早いお昼ゴハンを食べながら小休止です。

で、Tさんと釣り談義や世間話なんぞしているうちに小一時間ほど経過。携帯でネットの風速情報をチェックしてみると少し風は落ちてきた感じがしたので、様子見がてら再度港の外に出てみました。

うん。明らかに風も波も落ちてきた。これなら釣りができるだろうと、小島沖で釣り再開です。

しかし、ただでさえタチウオは活性が低いのに、この日一番潮が速い時間帯。ほとんどアタリもなく、1本追加したのみでタチウオは終了しました。

201110195

海はすっかり釣り日和の様相に変わってきたため、本日二つ目のターゲット、アオリイカ狙いでポイント移動。

ただし今年の泉南はアオリイカも何だかイマイチらしいです。推進20M前後をバーチカルエギングで探ってみますが、案の定、全然乗ってこない。

で、ワタクシのエギにやっと乗った~っと思ったら、コウイカ。まぁ、このイカもあっさりとした身で、我が家は嫌いではありませんから有難くお持ち帰りします。

201110196

それ以後、全くカスリもしないワタクシの代わりに、Tさんが本命のアオリイカを釣ってくれました。さすが日本海のアオリイカマスターですね。

とはいえ、釣れるサイズも昨年ほどは大きくないです。やはり今年はイマイチ厳しい泉南の海・・というところでしょうか。

結局、タチウオ6、アオリイカ2、コウイカ1でPM3:30頃に納竿。海況さえ良ければ、タチウオの数はもう少し伸ばせた気がしますが、まぁ自然相手の遊びですから仕方がありません。釣りができただけでも良しとする他ないでしょう。

というわけで久々の釣りの話題でした。次回はタチウオリベンジかな。あ、アオリイカも・・。

では~。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
ボート釣り師のブログが沢山集まってます。

wwf_bnr_energy03.gif

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

アクセスカウンター
プロフィール

川西ケンゴ

Author:川西ケンゴ
フィッシング・アパレルブランド、オーシャンファクトリーの代表です。デザイン、商品製作、WEB製作、モデルまで(笑)、一人で何でもこなすマルチプレイヤー。釣りとファッションと音楽は人生を豊かにしてくれます。

最新記事
オーシャンファクトリー公式サイト
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
91位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。