FC2ブログ



久しぶりにマイボートをイジッてみる

20181105.jpg

久しく、ボートの艤装からは遠ざかっていたのですが、マリーナを移ったのを機に、またチョコチョコとイジりたくなってきたところがありまして。

以前もお世話になっていた、ベイエリアのマリーナに移ったのですが、港を出るとそこはシーバスのポイントだらけ。
ウチの子供がルアーフィッシングをやりたいと訴えてくるのですが、それならばエンジンでは出来ない細かな操船が出来るエレキモーターが欲しい。

このボートを買った頃は、船首にミンコタのオートパイロットを取り付けていたのだけど、一時ルアーフィッシングから遠ざかったため、ヤフオクで手放したのです。

オートパイロットほど大きくなくて、スターン側で操作できる、そこそこハイパワーなエレキってないんかと調べてみるとありました。「ハイガー産業」という会社が作っている、海水もOKの55lbのエレキモーターです。楽天市場の直営サイトで29,800円で売っていました。

201811052.jpg

ハイガー産業は主に農機具などを作っているメーカーのようです。製品のレビューを見てみても中々評判が宜しいらしい。確かに丁寧な作りで、キチンとした取扱説明書も付いているし、何より日本のメーカー製なので安心。

エレキ本体はクランプで固定する方式なので、試しにトランサムに取り付けてみました。エンジンを直進状態にしていれば、スクリューが当たる心配はなさそう。ウチのボートはツインバッテリーで、サブバッテリーを電源にして使います。試しにコードを繋ぐとちゃんと動きました。

ちなみに以前使っていたオートパイロットも55lb仕様で、微速ながら十分にボートを動かせるパワーがありました。とはいえ、バスボートのようにエレキ主体でポイントをラン&ガンするような使い方ではなく、もっぱら船尾を潮上に向けてボートを静止させたり、潮に乗せてゆっくりとポイントを流したりするのが主な使用目的です。もしエンジンが故障した場合の、非常用の補機代わりにもなります。
色々と課題も見つかったので、次は海上で試運転をしながら、ぼちぼち使えるようにしていこう。

201811053.jpg

他にやってみたのが、デッキに木目のノンスリップマットを貼ること。前と後ろに分けて貼ってますが、前がイケスの蓋で、後ろは燃料タンクの蓋です。

このノンスリップマットはボート用ではありませんが、サンゲツというメーカー製で、屋外耐候仕様のかなり分厚くて丈夫なもの。試しに別の個所にも使用していましたが、あまり劣化もみられないので、船齢15年でかなり汚れやキズだらけになってきたデッキにも貼ってリフレッシュさせてみようかと。

ノンスリップマットというだけあって、水に塗れても滑りにくいです。お値段もリーズナブル。

201811054.jpg

かなり汚くなっていたガンネルにも貼ってみました。まぁ、チーク風な自己満足ですね。

と、日がな一日、マイボートをイジって過ごしていた秋晴れの日曜日でしたが、この日、続々と釣りから戻ってきたボートの方々は、巨大なブリやアオリイカを釣っておられました。

本格的な冬になる前にワタシも釣りにいかねばなぁ・・。

マイボートの保管場を変えて思ったこと

201810291.jpg

皆様、大変ご無沙汰しております・・このブログもすっかりサボっていましたねぇ。
普段からブログを放置するのはみっともないから、「更新できないなら閉めればええのになぁ」などと、他人様のブログを見て偉そうなことを思っていたワタシですが、全く人のことは言えません(恥)。

まぁ、ブログをサボっていた間も、ワタシの周りでは色々なことがあったわけなのですが、このブログに関連した大きな出来事と言えば、10年以上お世話になったマイボートの保管場所を今年から変えたことですかね。

その理由はと言えば、これも色々あるんですが、大きな理由は以下の4点。

その1 激戦区での釣りに疲れた。

大阪湾のプレジャーボートの激戦区である、和歌山県の某島で10年間ボート釣りをしてきたワタシですが、年々、スキルとモチベーションが下がり続け、最後は全然魚を釣ることが出来なくなりました。周りに船が多すぎて、いつか接触事故でも起こしそうで怖くなったのもありますね。

その2 マリーナが家から遠すぎて、往復のドライブに疲れた。

自宅からマリーナまでの片道が約90km、往復で180km。年々、魚を釣ることが出来なくなると、頑張って往復する気力も体力も失われてきまして、こちらもいつか高速で事故を起こすのではないかと怖くなってきたので。

その3 マリーナの料金値上げに疲れた

ワタシが保管し始めた頃から比べて、上下架代や、年間保管料が大幅に値上げされました。
まぁ、無理をしても無い袖は振れません。

その4 ハーバーマスターに疲れた

ハーバーマスターはマリーナの責任者のことです。仲良くやっているお客さんもおられるので、ワタシとは相性が悪かっただけなのでしょうね。マリーナにボートやヨットを置くお客さんは、かなり個性的な方々が多いですから、それに負けない位の個性を持った人でないとハーバーマスターは務まらないと思います。
ちなみにワタシはボート歴18年で、4箇所のマリーナを転々としてきました。概ねスタッフさんはいい人ばかりで、仲良くさせてもらえるのだけど、何故かハーバーマスターとは一人も仲良くなれませんでした(苦笑)。

201810292.jpg

というわけで、さぁ、ボートどうするかなぁ・・と。いっそのことボート自体やめてしまおうかとか、色々と熟慮した結果、とりあえず自宅から半分の距離にあるマリーナへ引っ越すことに決めました。

結果的には、これがワタシ的には正解となりまして、保管料、往復の交通費共に大幅ダウン。自宅から近いのですぐに行けるし、体力的にも楽・・とメリットが多かったのです。

最も懸念していたのが、大阪湾奥に船を置くことで釣りのポイントが遠くなることでしたが、これも色々と調べていくと、今の自分の釣りスタイル(最近はもっぱら子供連れのファミリーフィッシング)には丁度いいくらいの、ほどほどに魚が釣れるポイントが近場に結構あることがわかり、一安心(写真は直近のファミリーフィッシングでの釣果)。

今のところ、マイボートを引っ越して良かったなと思えております。
まぁ、人間たるもの、年を取るにつれて考え方やライフスタイルが年々変化していくのが当たり前ですから、釣りもボートも無理しない程度に楽しむのが一番かなと思っています。

TRIBAL FINS ver.2 ダブルプリントウェアシリーズ4点をNEWリリースしました。

132632613.jpg
132916847.jpg


オーシャンファクトリーでは、トライバルで各魚種をスタイリッシュにデザインした「TRIBAL FINS」シリーズをアレンジ、魚には動きを加え、さらにウェアの前後にワンポイントプリントした、ver.2シリーズをNEWリリースいたしました。

プリントは11種類の人気釣り魚デザインから選択が可能。シンプルながらも、よりスタイリッシュな仕様となっています。


132632613_o1.jpg
132634828_o2.jpg
132633750_o2.jpg
132916847_o1.jpg


現在、Tシャツ、ヘンリーネックTシャツ、ポロシャツ、ハーフパンツの4点を販売中です。是非ともチェックをお願いいたします。


★TRIBAL FINS ver.2 ダブルプリントTシャツ★
http://www.ocean-factory.com/?pid=132632613

★TRIBAL FINS ver.2 ダブルプリント ヘンリーネックTシャツ ★
http://www.ocean-factory.com/?pid=132633750

★TRIBAL FINS ver.2 ダブルプリントポロ★
http://www.ocean-factory.com/?pid=132634828

★TRIBAL FINS ver.2 ダブルプリントハーフパンツ★
http://www.ocean-factory.com/?pid=132916847
アクセスカウンター
プロフィール

川西ケンゴ

Author:川西ケンゴ
フィッシング・アパレルブランド、オーシャンファクトリーの代表です。デザイン、商品製作、WEB製作、モデルまで(笑)、一人で何でもこなすマルチプレイヤー。釣りとファッションと音楽は人生を豊かにしてくれます。

最新記事
オーシャンファクトリー公式サイト
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
67位
アクセスランキングを見る>>
リンク
QRコード
QRコード